Partly Cloudy / Windy, and 84 ° F.



乗客の安全に関するガイドライン

乗客の皆様は、公共交通機関であるTheBusの安全確保に欠かせない存在です。

  • 車内に荷物を置き忘れそうになっている人を見たら、相手にそのことを教えてあげてください。
  • 不審物に気付いた場合は運転手にお知らせください。

何かに気付いたら、見て見ぬ振りをするのではなく、行動を起こすことが大切です。

不審者に直接対処しようとしたり、不審物に触ったりしてはいけません。 運転手に連絡するか、911に緊急通報してください。 不審物を報告する際は、できる限り固定電話回線をお使いください。

  • 通行のじゃまになる場所に置かれた物
  • 何らかの物体、荷物、物質等を放置して、すばやく立ち去ろうとしている人物
  • 電池、配線、容器、ボトル、袋などの普段はあまり見かけない部品が付いた物体
  • メッセージやメモ帳などの書き置き
  • 不審な煙、霧、気体、蒸気、臭い、液漏れ
  • 近くの乗客が病気や苦痛の症状を示している場合
  • 運転手に知らせて、その指示に従ってください。

何かに気付いたら、見て見ぬ振りをするのではなく、行動を起こすことが大切です。

公共交通機関を利用する際は、次のように必要な情報を収集し、行動計画を立てておくことが重要です。

  • バスの利用方法に慣れる
  • バスの非常口の場所を把握しておく
  • 緊急事態が発生した場合は、あわてずに運転手の指示に従う
  • バスの扉の開閉をじゃましない
  • 落ち着いて行動する

何かに気付いたら、見て見ぬ振りをするのではなく、行動を起こすことが大切です。